消化器内科では診察所見及び採血、腹部エコー検査、レントゲン、便検査など診療を行い、肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓、脾臓などの異常を早期発見、治療を目指しています。(火)、(水)、(木)、(土)にエコー検査を予約制でしています。消化管に異常がある場合便に血が混じってくることが多いです。そのため、便潜血陽性または、腹痛、下痢症状が長期間持続するときは内視鏡検査を勧めています。

消化器内科疾患

ecoyoko300(5)

超音波検査
腹部臓器(肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓、)などの疾患を診断。