しゃっくり(吃逆)

2012-01-24

enlightenedgoo ウオッチ取材記事へのリンク:医師に聞いた!しゃっくりが出る理由、止める方法

 

横隔膜ののけいれんによっておこり、吸気が閉鎖している声門を急激に通過するために特有の音を発生します。ほとんど一過性のことが多いが、しかし長時間持続することもあります。
一過性のものは機能的なものが多いが、長時間持続するものには何らかの疾患による場合があり、注意が必要です。

一過性しゃっくり

呑気症、ヒステリー、アルコール、炭酸飲料

持続性しゃっくり

 中枢性吃逆:中枢神経が刺激されて起きる
  脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷、髄膜炎、脳炎、アルコール中毒、尿毒症、糖尿病性昏睡、敗血症、低血糖
 末梢性しゃっくり:横隔神経が刺激されて起きる
  頸部、縦隔、胸部の腫瘍や炎症(肺炎、肺膿瘍、心膜炎)
  食道裂孔ヘルニア、心筋梗塞、動脈瘤
 反射性しゃっくり:腹部疾患により横隔膜が刺激されて起きる
  腹部の炎症や腫瘍など(腹膜炎、横隔膜下膿瘍、肝炎、胆嚢炎、腸閉塞、胃炎、急性膵炎、胃癌、膵癌)
  その他:腹部術後、妊娠、過食など
 神経性しゃっくり
   ヒステリー、神経衰弱
診療時はしゃっくりの持続時間」などを問診、持続性しゃっくりの場合は頸胸部から腹部の診察、レントゲン、エコーなどの検査により、原因疾患の有無をチェックさせていただきます。

治療

対症療法として
 1)驚かせる。痛みを感じるようにする。
 2)指で舌引っ張る。深呼気の状態で力む。
 3)冷たい水を飲む。
 4)咽喉頭部に刺激を与える。
薬物療法(多くが保険適応なし
プリンペラン(メトクロプラミド)
コントミン(クロルプロマジン)
セレネース(ハロペリドール)
フェニトイン(アレビアチン)
デパケン(バルプロ酸ナトリウム)
テグレトール(カルバマゼピン)
ランドセン・リボトリール(クロナゼパム)
リオレサール・ギャバロン(バクロフェン)
フェノバール(フェノバルビタール)
PPI:オメプラール(オメプラゾール)
芍薬甘草湯

診療メモ

一過性のしゃっくりであれば心配することはないですが、繰り返すしゃっくり、持続するしゃっくりは原因疾患を検索し、その原因の治療することが重要です。
様々なくすりが試されていますが、薬に全く効果がない人~自分に合う薬が見つかる人など様々です。原因がなく、しゃっくりが長期間持続する人
がいますが、抗痙攣薬や漢方が効果を示すことを経験しています。
Copyright(c) 2014 長岡内科医院 All Rights Reserved.