高血圧治療ガイドライン

2011-12-27

 

高血圧を治療する目的は心血管病を抑制することにより死亡を減少させることです。140/90mg以上、(糖尿病、慢性腎臓病、心筋梗塞後は130/80mg以上)の人は治療が必要です。
 
生活習慣の改善が大切である。一番気を付けたいことが塩分(塩辛いもの)です。
 
6g未満が良いとされているが、薄味になりすぎると食欲がなくなり、食の楽しみがなくなるため、個人個人できる範囲で薄味に慣れていただくのが良いだろう。
 
アルコール摂取の制限や禁煙、そして野菜や魚の摂取も勧められる。
 
運動(特に有酸素運動)は定期的(週3回以上、30分以上)に行うことが良い。無理な運動はせずに、習慣づけることが大事と考えています。
 
お薬についてですが、カルシウム拮抗薬、ARB, ACE阻害薬、利尿剤、β遮断薬など多くの種類の高血圧の薬がありますが、原則的には一日一回投与から開始し、目標血圧まで低下させるように多剤併用する場合もあります。
 
どの種類の降圧薬を選択するかは、基礎疾患、年齢など考慮し選択させていただきます。
 
高血圧:病態~診断~治療の詳細
Copyright(c) 2014 長岡内科医院 All Rights Reserved.