不眠症

2011-09-01

不眠症は夜間に就床してるにも関わらず、よく眠ることができずに、日中に眠くなり生活の質の低下がみられます。

 
眠ることができないのか、睡眠の途中で覚醒するのか、早朝に覚醒するのか、または熟眠できないのかなどを確認させていただきます。
実際は眠れていないと訴える患者さんでも眠れていないと感じているだけであり、本当は結構眠れていることが多いようです。
 

一過性の不眠

不眠の訴えは成人一般人口の約2割にみられる。試験や仕事などの心配事や気がかりなことがあると入眠障害、中途覚醒が起こるが、これらは一過性のもので心配ないと考えます。
 

慢性の不眠

不眠を恐れる気持ちが強くなると、就床時刻が近くなると眠れないのではないかという気持ちが強くなり、そのこと自体が、かえって眠りが妨げられるという悪循環となることがあります。いわゆる不眠恐怖症の状態は頻度が高く、生活指導,および不眠のタイプに応じた作用時間の睡眠薬を投与します。
 

生活習慣改善

  • 朝シャワーを浴びる
  • 起床時水分、牛乳などを一杯飲用する。
  • 寝る前にお風呂に入る。
  • 午前中20分ほどの日光浴。
  • 夕方~夜間にかけての運動
 

生活環境を整える

  • 寝具を自分に合ったものにする(枕など)
  • 音、温度、湿度、明るさ等 眠りやすいように
 
 
床の中で過ごす時間がこれを大幅に超えている場合にも種々の不眠が起こる。生活指導,および不眠のタイプに応じた作用時間の睡眠薬を投与します。
 
その他様々な内科的疾患を合併することもあり、採血などをして異常がないか調べます。
 
その他疾患
むずむず脚症候群:成人一般人口の3%。足がむずむずする、下肢を動かさずにいられなくなり眠れない。
 
うつ病  :不眠はうつ病にの症状、うつ状態、やる気が起こらない集中力の低下など
 
不眠が持続、精査のためには睡眠ポリグラフ検査による夜間睡眠の評価が必要になる場合があります。
Copyright(c) 2014 長岡内科医院 All Rights Reserved.