C型肝炎抗ウイルス薬

2010-10-30

「HCV感染患者への新規抗ウイルス薬は、2週間でウイルスRNA濃度を低下させた。」という論文が2010年10月30日のイギリスの臨床医学全般の論文雑誌「The Lancet」に掲載された。
C型慢性肝炎ウイルス(HCV)遺伝子型1感染患者を対象に、経口ヌクレオシドポリメラーゼ阻害薬RG7128+プロテアーゼ阻害薬danoprevirの有効性を無作為化プラセボ対照試験で検討している。C型肝炎のウイルス量はベースラインから14日目までに、-3.7から-5.2 log10 IU/mLの範囲濃度の低下を認めた。(-1logは1/10のことなので、ウイルス量が約1/10000~1/100000に減少するということ。)
研究グループは、ヌクレオシド類似体ポリメラーゼ阻害剤とプロテアーゼ阻害剤の経口組み合わせは、慢性C型肝炎に対するインターフェロンを使用しない治療としての可能性を秘めていると結論づけている。
 2012年頃に従来の治療でC型肝炎ウイルスが消えなかった患者適応の「テラプレビル+ペグイントロン+リバビリン」の新規複合治療が登場する。臨床成績は今までの治療と比較し一度ウイルスが消失した患者は7割のウイルス消失が期待できる。
更に未来ではこの論文のように、インターフェロンを使用しないでC型肝炎の治療が臨床で登場する可能性がでてきた。


参照:LANCET The Lancet, Volume 376, Issue 9751, Pages 1467 – 1475, 30 October 2010

 

慢性肝炎(B型慢性肝炎、C型慢性肝炎)詳細

Copyright(c) 2014 長岡内科医院 All Rights Reserved.