食後高血糖

2010-09-28

糖尿病の患者は食事の後に血糖値が高くなります。食後高血糖は動脈硬化を促進し心筋梗塞や脳梗塞の原因となります。食後高血糖は糖尿病と診断される前より存在していることが多い。
食事の後(2時間後)に血糖値が200以上であれば糖尿病です。近年食後高血糖は血管へのダメージが強いということがわかりました。食後2時間の血糖値は180未満に抑えることが合併症を防ぐために大事です。

食後高血糖を改善するためには

  • よく噛んでゆっくり食べる
  • 野菜など食物繊維を多くとる
  • 適度な運動

食後の高血糖を改善する薬

  1. αグルコシダーゼ阻害薬:ゆっくり食物を吸収させる
  2. 速効型インスリン分泌促進薬:食後にインスリンを素早く分泌させる
  3. インスリン抵抗改善薬:インスリンの効き目を改善させる

 

上記の薬は服用のタイミングが重要であり、基本的に食事をする直前に飲むことが多いです。 

糖尿病患者さんへメッセージ

 糖尿病の患者さんへ:糖尿病を簡潔に説明

 糖尿病薬について:糖尿病薬について解説

糖尿病運動療法:運動療法の実際について解説

糖尿病グラフィティー:糖尿病患者さんへメッセージ

糖尿病合併症:糖尿病合併症の体験談を含めて解説しています。

動脈硬化抑制:生活習慣病から血管を守るためにはどうすればよいか。

食後高血糖:食事の後の血糖を下げるにはどうすればよいか。

糖尿病と高血圧:糖尿病に高血圧を合併している人は注意!

                                         現代養生訓 参照            

 

 

 長岡内科医院 呼吸器内科消化器内科循環器内科内分泌代謝内科

住所:福岡県大牟田市倉永66-1  地図はこちら 

   (ふくおかけんおおむたしくらなが66-1)
TEL:0944-58-0909    FAX:0944-58-0911

WEBからのお問合せはこちらから

大牟田、みやま市の高血圧、糖尿病、生活習慣病なら長岡内科医院
Copyright (C)長岡内科医院 All Rights Reserved

Copyright(c) 2014 長岡内科医院 All Rights Reserved.