腎臓病食事療法

2010-09-11
腎疾患ではどのような食事をとればよいか?

腎臓の働きが1/3程度になった状態を慢性腎不全といいます。働きの弱くなった腎臓に負担をかけないような食事療法を行います。
腎疾患の食事療法では、食塩、水分、カリウム、リン及び三大栄養素(炭水化物、脂質、たんぱく質)に対する配慮が重要です。日本腎臓学会は慢性の腎疾患の患者(慢性糸球体腎炎、糖尿病性腎症、腎硬化症、多発のう胞腎など)の食事療法基準を発表しています。
内容は腎臓の機能や尿の中に蛋白がどのくらい混じっているかの程度により、たんぱく質と食塩、カリウム、リン摂取量を決めます。また総エネルギー摂取量は性別、年齢、身体活動レベルに決定します。

慢性腎臓病(CKD)に対する食事療法の基本

1腎機能低下の程度により決定する

日本腎臓学会発表の慢性腎臓病(CKD)に対する食事療法基準(成人)を表に示します。腎機能低下(糸球体濾過率;GFRの低下によりステージ分類されているため、大変分かりやすくなってきている。

2蛋白尿の程度で食事を決定する

腎臓の病気は尿蛋白の量が多いと、さらに腎臓の機能が低下する可能性が高い。尿蛋白が少ない場合(0.5~0.3/day)以下と少ない場合は腎機能低下が進行する可能性が低くなる。そのため食事療法基準では、慢性腎臓病(CKD)ステージ1~3では尿蛋白量別に食事療法基準が提示されている。
要するにCKDの患者でも腎機能の低下が軽度であり、治療などにより尿蛋白量が減少しているような場合には、軽度蛋白制限、塩分制限を行う程度でよいが、腎機能低下が進行、または尿蛋白量が多い場合は食事療法を強化する必要があることが分かる。

食事療法の内容

1水分

尿の排泄障害がない場合は水分は自然に摂取するが、浮腫、乏尿の腎不全患者、透析中の患者は厳格な水分制限が必要である。

2塩分

食塩制限は慢性腎臓病患者の基本であり、特に浮腫、高血圧、透析中の患者は1日6グラム未満の食塩制限が必要である。

3カリウム

血液検査でカリウムが6mEq/l以上の患者では1日1500mg以下のカリウム制限が必要である。

4たんぱく質

一般に低たんぱく食が必要なことは周知されており、炭水化物や脂質から十分なエネルギーを摂取すること、食事全体のアミノ酸スコアを100とするなどが重要である。

5総カロリー

表の食事療法基準に示されているカロリーは現在の体重を維持するものであり、肥満の人は少なめに、またやせの人は多めにする。

 

表 成人の慢性腎臓病(CKD)に対する食事療法基準(改)

慢性糸球体腎炎糖尿病性腎症腎硬化症多発性囊胞腎などすべての慢性腎臓病を対象とし糸球体濾過量による病期ごとに内容を提示した。(日本腎臓学会2007年参照)


ステージ(病期)
エネルギー
(kcal/kg/day)
たんぱく質
(g/kg/day)
食塩
(g/day)
カリウム
(mg/day)
ステージ1(GFR≧90)        
尿蛋白量0.5g/day未満(注2)  27~39(注1) 任意 10未満(注3)  
尿蛋白量0.5g/day以上 27~39(注1) 0.8~1.0    
         
ステージ2(GFR60~89)        
尿蛋白量0.5g/day未満(注2)  27~39(注1) 任意 10未満(注3)  
尿蛋白量0.5g/day以上 27~39(注1) 0.8~1.0 6未満  
         
ステージ3(GFR30~59)        
尿蛋白量0.5g/day未満(注2)  27~39(注1) 0.8~1.0 3以上6未満 2,000以下
尿蛋白量0.5g/day以上 27~39(注1) 0.6~0.8 3以上6未満 2,000以下
         
ステージ4(GFR15~29) 27~39(注1) 0.6~0.8 3以上6未満 1,500以下
         
ステージ5(GFR<15)  27~39(注1) 0.6~0.8(注4) 3以上6未満 1,500以下
ステージ5D(血液透析療法中) 27~39(注1) 1.0~1.2 6未満

2,000以下

 kg:身長(m)×22として算出した標準体重
GFR:糸球体濾過量(mL/min/1.73m)
注1) 厚生労働省策定の日本人の食事摂取基準(2005年版)」と同一とする。性別年齢身体活動レベルにより推定エネルギー必要量は異なる(次頁の別表に示す通り)。
注2) 蓄尿ができない場合は随時尿での尿蛋白/クレアチン比0.5
注3) 高血圧の場合は6未満
注4) 0.5g/kg/day以下の超低たんぱく食が透析導入遅延に有効との報告もある。
 

 

 

Copyright(c) 2014 長岡内科医院 All Rights Reserved.