ダイエット

2010-05-13
リバウンドしないためにどうすればいいか? 

ダイエットしている人はいろいろ工夫しています。カロリーが少なくて、満腹感が得られる食べ物は、やはり野菜類です。野菜スープ、野菜スティックなどで空腹感を満たすなど工夫が必要です。ダイエットに成功されている方は、なるべく低いカロリーでお腹を満たすように工夫されています

空腹時の対処法 ポイント
  • 野菜をたっぷり食べましょう。癌や生活習慣病予防のためにも一日5皿以上の野菜を食べましょう
  • 間食のしすぎ、アルコールの飲みすぎ、果物の食べすぎの方は中性脂肪が高くなる傾向があります。果物は野菜ではありません。果物は糖分が多く、1日あたり200g以内(握りこぶしくらい)で食べるようにしましょう
  • 血糖が高い場合、心筋梗塞、脳卒中の危険性があります。甘いもの、アルコール控えること、適度な運動が大事です。
  • 日本人はコーヒーをよく飲みます。砂糖やミルクを入れすぎないようにしましょう。カロリーオフのコーヒーが沢山売られています。お腹がすいたときに飲んだりするとダイエットに役立ちます
  • 周囲からの応援も必要です。たまたまに自分へご褒美(買い物、甘いものをたべるなど)のも良いと思います。
  • ビタミン、ミネラルなど栄養のバランスにも気をつけ、偏ったダイエットはやめましょう。野菜、海藻、きのこ類は沢山食べましょう。
  • ダイエットを始めてから、硬かったお腹の周りが柔らかくなってきた場合は、脂肪が小さくなってきた証拠です。細胞と細胞の間に隙間が出来てくるからです。ダイエット成功への一歩手前です。

 

 

長岡内科医院 呼吸器内科消化器内科循環器内科内分泌代謝内科

住所:福岡県大牟田市倉永66-1  地図はこちら 

   (ふくおかけんおおむたしくらなが66-1)
TEL:0944-58-0909    FAX:0944-58-0911

WEBからのお問合せはこちらから

大牟田、みやま市の高血圧、糖尿病、生活習慣病病院なら長岡内科医院
Copyright (C) 長岡内科医院 All Rights Reserved

 

 

Copyright(c) 2014 長岡内科医院 All Rights Reserved.